聖天(大聖歓喜天)・十一面観音をおまつりする待乳山聖天(まつちやましょうでん)で桜の木の塗香入れをいただきました。新型コロナウイルスの感染防止対策のため神社仏閣の手水舎が使いづらい状況が続く中、さっと手を清めることができて便利です。別売の塗香はややエキゾチックな香りがしますので、好き嫌いが分かれるかもしれません。

聖天さまは、ある程度の知識と理解を得てから丁寧に信仰させていただくべき天部の貴い神様、という思いがありますため、今回はお守りというより記念の品のような気持ちでいただいてきましたが、塗香もエネルギーを上げてくれますので、じゅうぶん素敵なお守りといえます。

大きなお力は奥に秘められつつ、境内には雅やかな風情があって、四季折々、ただ訪れるだけで心が明るくなるお寺です。

本龍院(待乳山聖天) 東京都台東区浅草7丁目4−1