メディアなどでもよく紹介される小網神社では、こじんまりした境内に、いつも途切れることなく参拝者が訪れています。

主観ですが、ふわん、とひろがるご神気ではなく、境内地内に強力なエネルギーが縦軸で渦巻いているという印象です。しかも龍神×弁天のダブルの水流による洗浄力(?)で、たとえ満員電車状態であろうとも、まったく澱みが残らないのでは、と感じます。看板通り「強運厄除」のパワフルスポットなのですね。

手縫いの麻袋が珍しい、みみずくのおまもりは、秋のどぶろく祭に由来するデザインのようです。ぬくもりを感じる手触りです。

ちなみに、小網神社から水天宮に向かう途中の茶ノ木神社(東京都中央区日本橋人形町1-12-10)も、明るくて素敵なお稲荷さんでした。

小網神社 東京都中央区日本橋小網町16-23